流通ジャーナリスト金子哲雄さん逝去

流通ジャーナリスト金子哲雄さんが逝去されました。享年41歳。
若すぎる。
肺カルチノイドという腫瘍の一種で、手術できない場所に手術できない大きさであったそうです。

テレビに出演されているのを見るたび、凡人の私は、流通に関する専門的な知識より
「恐るべし節約・値引き術!」と感心させられておりました。


若い働き盛りの有能な方の訃報、そして不慮の死を遂げられた方のニュースを見ると、ご本人の想いや残されたご家族のことを想いながら切ない気持ちになります。

誰しも「その日が自分の最後の日」であることを知ることはできません。
普段、常にそのようなことを考えていることはないですが、この世でもっとも大切なのは「時間」なのだと、改めて思い知らされます。
お金のように、寿命をほんのわずかずつ皆で寄付して、まだ逝くには早すぎると思う方の命の時間を延ばしてあげることも、延ばしてもらうこともできません。
何かの罪のように、執行猶予もききません。

「生きてやりたいことはいっぱいあったはず」
今日目覚めて、平凡ではあるけれど、ちゃんと生きられていることに感謝したいと思います。

以下、
金子哲雄さん 私の職務経歴書より(ボブ内藤さんインタビュー記事)

心に刻まれた教え。それは、
「その日から儲かる商売をしなさい」

-----最後に、金子さんに今後の目標をうかがいましょう。

「ズバリ、一生働き続けることです。そのためには、死ぬまで社会から必要とされる存在にならなければならないということです。私は今、39歳ですから、あと40年くらいは買い物情報の提供者としてやっていきたいですし、それは可能なことだと思っています」