宮崎駿、崖の上のポニョレビュー

うちの子と一緒に、先日スタジオジブリ 宮崎駿監督の
新作アニメ「崖の上のポニョ」を見に行きました。

最初に断っておきますが、私はジブリアニメは好きなほうです。

しかしながら、崖の上のポニョ。

とにもかくにも脚本が雑すぎ。

あらすじ

5歳のソウスケ君と、魚の子ポニョの小さな恋物語。
ポニョが、瓶に詰まって死にそうなところを助けてもらい、
一緒に過ごしたほんのわずかな時間で
「ポニョ ソウスケ すきーー」
「ポニョ ニンゲンに なるーーー」
ということで、ポニョが封じられた魔法の力を解放したせいで、
大嵐が起こり、町は水びたし、
とんでもないことになっていく。
ポニョを魚から本当の人間にし、壊れ始めた世界を救うには、
宗介君の無条件のポニョへの愛しかない。
5歳の王子様宗介君は、ポニョを連れて冒険?しながら
真実の愛を試されることになるのであった

ストーリーがどんだけ荒唐無稽でもかまわないんです。
もともとファンタジーなんですから。
でも、その荒唐無稽さの中に
何ら違和感なく引っ張り込んで欲しかった。

同じ洪水ネタということでいえば、昔の宮崎監督の作品
「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」ってのがあるんですが、こちらは
すんなり物語の中に入って、楽しませてもらえました。

なのにポニョときたら。

例えば、避難命令のでた地域にある自宅に確たる理由もなく
「やめろ」と止める人たちを振り切って、5歳の息子を連れ帰り、
そのまま彼をそこに残して、
仕事先(老人ホーム)の救援活動に行ってしまうお母さん。
いつ帰れるかすら、わからない状況で、
彼(+ポニョ)に残した食事はほんの1食分のサンドイッチと、
スナック菓子程度。
なのに仕事先への物資は車一杯・・・

ありえナーイ!

等々、物語が進行するにつれて、
私の脳内に理性のクエスチョンマークが
もう、夏のぼうふらみたいに大量に
発生してしまうのでございます。

もちろん、上記の例ではお母さんが退場しないと、ポニョと宗介くんの
冒険は始まらないし、クライマックスにも持っていけません。
フィルムという虚構上で、
わが子の命 >>> はるかな隔たり >>> 他人の命という
地球上のほとんどの母親に当てはまる図式が
なりたたなくてはいけないこともありません。

それはわかっちゃいるんですが。
「何か目に見えない大きな力が働いているんです」
と、納得させてくれるようなエピソードがあるとか、
または、そんな常識どっかにぶっとばして
現実から虚構の中にスコーンとひきこんでくれるとか、あるいは、
突き放されてもついていきたいほどの、魅力・個性を感じさせてくれるとか。

・・・というより、
途中でそんなことを「考え」させてしまうってことが
エンタメとして、どうなんでございましょう?
まあ、子供向けアニメだから・・・で済ましてしまえばいいんですけど、
ジブリにはそれ以上を期待してますよねえ、日本の観客は。

全然関係ないジャンルですが、昔読んだ泉 鏡花の小説に、
「外科室」ってのがあるんですね。
(吉永小百合主演で映画化されました。映画は未見)

医師の高峰(=シングル)に手術を受けることになった貴船伯爵夫人(=人妻)が、麻酔をかけないでほしいというのです。
何でかと言うと、麻酔をかけて朦朧としている間に
自分の秘密(秘めた愛)を口走ってしまうのが怖いから。
ずーっと前に植物園で、ほんのすれ違いざまに目を交わしただけ
で恋に陥り、死にいたる、という・・・

ありえなーい世界です。
でも、そんなの吹き飛ばして耽美な世界にひととき浸れる何かがあるんですよ。
魔法も何にも使ってないんだけど。

崖の上のポニョ。
徹底的にこだわったという手描きの絵も
残念ながら、私の理性をぶっとばす起爆スイッチにはならなかったので
ございます。
だって、絵そのものを鑑賞しに行ったわけじゃないもん。

ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなのこっ
あおい うみから やーってきた♪

ポニョの主題歌を歌う、大橋のぞみちゃんの素直な声は好き、だけど。